五軒茶屋

長文を書きたいときに書きます

インバウンド

インバウンドという言葉がいろんな業界で流行っているらしく合説で耳にタコができるくらい耳にした。どうやら外国人が日本に来るということを言っているらしい。教職にいそうな外人のオッサンが久里浜に来ただけで大騒ぎしてからたった150年くらいでこの海外への媚びようである。

とはいえこのインバウンドという言葉。いささか一般人である我々に馴染みがないし、和製英語であるため外国人にも伝わらない経済界のスラングであるらしい。この外国人をバリバリ意識したのにも関わらず伝わってる感がゼロなのはいかにも意識高い人たちが好きそうな言葉だ。

人の波

インターンの自己紹介で趣味も喋るようにといかにも趣味が仕事ですと言わんばかりの人事部の初老が無茶振りをする。同じ席になった学生が言った「T大学から来ました!○○です!趣味は艦隊コレクションです!」

 唖然とした。こんな堂々と言えるのか。口をあんぐり開けた僕を置いて彼はイベントでなかなかお気に入りの艦娘が出ないと言う。

 就活やアルバイトを初めて改めて実感することは世の中にはたくさんの人がいる、ということ。多感な10代の後半を山奥で暮らし廃屋の写真を撮っているような根暗の僕だからこそむしろわかることかもしれない。

 少子高齢化や人口減少なんて囁かれてる今日だが、それでも電車は大量の人を運ぶし道路では大量の車が行き交う。そこには必ず人が関わっていて、独自の性格や思想、事情を抱えているのは当たり前だ。御社を探すために歩きスマホをする僕だってそうだろう。そんな膨大な情報量に立ち向かって社会で働くことができるとは到底思えない。

2017年

新年明けましておめでとうございます。「一月往ぬる二月逃げる三月去る」と言いますが世間はもうバレンタイン商戦が始まり、正月気分がまだ抜け切れていない僕は世間についていけません。

年中正月気分かと言われたら、まあそうだ。そうなんでしょう。

バイクを廃車にして

以前投稿したとおり、オートバイを僕の身勝手な運転で廃車にしました。

納車してから10ヶ月、総距離12000km。まだまだこれからという人もいますし、10000km以上乗っておけばまあよかっただろうという人、いろんな人の意見がありましたが、僕としてみればもう少し乗っていたかったという気持ちが強いです。僕が一方的に潰したのにこういう話をするのもワガママな話だと思います。

さて、オートバイですが気を利かしてくれた地元のバイクショップが解体屋に売る時に入る利益を一部僕にまわしてくれました。オートバイの車体代に対しては本当に二束三文ですが非常にありがたく、何度も頭を下げながら店を後にしました。

廃車後、いろんな人から励まし等々をいただきました。事故処理を手伝って頂いた名も知らぬ方々、ヘルプでかけつけてくれた友人、レッカー業者、バイク屋のオッサンや次のバイクを紹介してくれたたくさんの方。見舞いを誕生日プレゼントとして送ってくれたたくさんの人。正直、バイクを廃車にしたことよりもサポートしてくれたたくさんの人々にビックリしました。改めてお礼申し上げます。

新しい出会いもありました。廃車にしてバイク関係の知り合いが増えるのも変な話ですが。

さて、次のバイクですがまだ決まっていません。事故をする前は大型二輪を取ってブイブイ言わせる気でいましたが、もう今はあまり気力もなく教習所にも行かなくなりました。もう少し、考えを整理して次に進もうと思います。それでは。

 

電車通学

今日はバイクのナンバーを返しに行きました。

久しぶりに乗るロードバイク。ほとんど放置気味でチェーンが錆びついていたり。

試しにクレを吹きかけると錆もいい感じに落ちて、よし。行くか。

 

いざ乗ってみるとこれが楽しい。バイクに乗っていると自転車の楽しさをすっかり忘れていました。むしろバイクを乗った後だからこそわかる楽しさが分かったような。どうして今まで放置してたんだろう。ごめんなと思いクランクを回す。タバコの吸いすぎで確実に落ちた心拍に釣り合わないケイデンスですぐアップ。悲しきかな今の僕は完全に昔の自分よりも落ちていました。

 

さてクサいことはここらへんにしといて。

陸運局での返納手続きは役所ならではのシステム(褒め言葉)がガチガチに組まれていて脳みそが死んでいても30分足らずで手続きが完了。なんとも呆気ない。

バイクが無くなった今、僕は電車が頼りになっています。

大学は滋賀で1番の学生街とベッドタウンが重なる地区にありまして朝と夜は人でごった返していました。こんなに人が住んでいたのかと驚きながら改札に切符を入れるものの2日連続で通ることできず。

かれこれ電車によく乗っていたのも消費税が上がる前だったので感覚がズレていて、頭を下げながら改札から戻る。

通学定期を買いに行くために15分窓口をならんでみても通学証明がないとダメらしい。なんだそんなものがあるのか。

普通の人はこういうことを当たり前にしてるんだからすごいなあと思いました。むしろ、こういうのもできてないということに焦りを感じる今週です。

パソコン

パソコンが壊れた。

最近は何かしらモノが壊れることが多く、出費の毎日です。高専在学中にバイト代でいろんなものを買っていたせいか、たぶんそれらが丁度寿命に来ているのでしょう。

近年の電化製品の耐久寿命は5年~10年ほどで設定されています。扇風機ですと裏面にそのような表記がされているため簡単に確認できます。

 

今のメインで使っているパソコンは5年前に組んだものです。Core i5の第3世代にテキトーなその時の流行りのスペックを盛り込んだもの。あまり面白くない平凡な仕様です。

バイト先でもここ最近はcore iシリーズの1世代や2世代の買い取りが非常に多く、寿命以外でも買い替えの周期が丁度僕のところにまで来ているのだと思います。もちろん故障しているパソコンも喜んで買い取りします(営業スマイル)。

さて、一重にパソコンの故障といえども種類は様々。僕たちスタッフは買い取ったものを虱潰しにああでもないこうでもないとあるもので試し、運良く直ったものを店頭に出します。「精密機械のわりに(故障要因が)ガバガバすぎる」といい加減な人達はいいますがわりと運試しなことが多く的を得ていると思います。

自作PCになりますと壊れている部品を廃棄し、バラで出すか代替品を組み込んで出すか、という簡単な作業ですがメーカー品は一苦労。メンテナンス製は基本的に考慮されていませんのでタワー型でも骨が折れる作業だったりもします。

メーカー製パソコンに関しましてですが、リカバリディスクの存在は結構重要視されます。Windows8になった今でもパソコンによってはディスクを要求してきたりしますからね。たかが1枚と言えども査定に結構響きますよ。

 

話は戻りますが僕のパソコンの話です。

DVDドライブが開閉しないのとブルスク多発という症状です。

DVDドライブはアクチュエータが破損していたためこの度BDドライブを購入しました。アニメの青盤が心置きなく買える状態になってしまい、本心は結構あわてています。

ブルスク多発ですが最近DVIからHDMIに差し替えたところ多発しました。2年前にも似たような症状があったためHDMIからDVIに戻したところ正常な動作となり一安心。HDMIドライバが上手に作動していないのか、初期不良なのかよくわかりませんがまたしばらく動いてもらえそうです。

あの夏で待ってる

ある夜、霧島海人は趣味の8mmカメラで湖周辺の夜景を撮っていたが、突然光り始めた空に何かの物体を目撃する。次の瞬間、辺りが閃光と衝撃に包まれると同時に海人は吹き飛ばされて重傷を負い、そのまま湖へと落下していく。朦朧とする意識の中、海人は自分の手を掴む女性を目撃する。
翌朝、自室で目を覚ました海人を待っていたのは、普段と変わりないように見える日常だった。姉の七海から彼女がボリビアへ長期出張する旨を聞かされたこと、そして学校の3年生のクラスへ赤い髪の美少女・貴月イチカが転入してきたことを除いて。イチカに何かを感じて戸惑う海人を見かね、友人の石垣哲朗は彼女を自主映画制作に誘う。彼らの古い友達の谷川柑菜と北原美桜、イチカに興味を示す山乃檸檬も仲間に加わる。
帰り道にスーツケースを抱えてさまようイチカと遭遇した海人は、行くアテが無いという彼女を1晩自宅に泊めることにするが、その矢先に彼の身体に異変が生じる。イチカの「介抱」により症状は治まるも、傍目には抱き合っているようにしか見えないその現場を、七海と柑菜に目撃されてしまう。紆余曲折の末、イチカは七海の代わりに霧島家に下宿することになり、仲間達の好奇と疑念の目に囲まれつつも、海人とイチカの同居生活が始まった。

 

 

な~んて夏休みは今年もありませんでした!

毎日毎日ポストを見ながら成績表をいかに親に見つからずに回収するかどうか悩みながら出勤したり、バイクに乗ったりバイクでコケたりしてました(カウル割れ)。

さて、そろそろ何か書かなきゃな~といろいろ考えていましたが何があったというわけでもありませんが書くことがありません。はい。

 

来年こそは最高の夏休みにしような。終わり。