五軒茶屋

長文を書きたいときに書きます

電車通学

今日はバイクのナンバーを返しに行きました。

久しぶりに乗るロードバイク。ほとんど放置気味でチェーンが錆びついていたり。

試しにクレを吹きかけると錆もいい感じに落ちて、よし。行くか。

 

いざ乗ってみるとこれが楽しい。バイクに乗っていると自転車の楽しさをすっかり忘れていました。むしろバイクを乗った後だからこそわかる楽しさが分かったような。どうして今まで放置してたんだろう。ごめんなと思いクランクを回す。タバコの吸いすぎで確実に落ちた心拍に釣り合わないケイデンスですぐアップ。悲しきかな今の僕は完全に昔の自分よりも落ちていました。

 

さてクサいことはここらへんにしといて。

陸運局での返納手続きは役所ならではのシステム(褒め言葉)がガチガチに組まれていて脳みそが死んでいても30分足らずで手続きが完了。なんとも呆気ない。

バイクが無くなった今、僕は電車が頼りになっています。

大学は滋賀で1番の学生街とベッドタウンが重なる地区にありまして朝と夜は人でごった返していました。こんなに人が住んでいたのかと驚きながら改札に切符を入れるものの2日連続で通ることできず。

かれこれ電車によく乗っていたのも消費税が上がる前だったので感覚がズレていて、頭を下げながら改札から戻る。

通学定期を買いに行くために15分窓口をならんでみても通学証明がないとダメらしい。なんだそんなものがあるのか。

普通の人はこういうことを当たり前にしてるんだからすごいなあと思いました。むしろ、こういうのもできてないということに焦りを感じる今週です。