五軒茶屋

長文を書きたいときに書きます

さすらい

先週末、スマートフォンを持たずに大阪泉州へ行くことがあった.情報端末を持たない旅行というのが正直何年ぶりかわからないけど、路肩でツーリングマップルを開け頭を悩ましたのはむしろ新鮮味があった.

僕は乗り物が好きなのでこういうさすらいの旅は歓迎で、これまで何度もスマホの充電が落ちたりして中国地方関東平野をさまよってきた。いささか準備不足なのは持ち前の体力と笑顔でカバーできる.

 

 スマートフォンが普及したのはここ数年だしカーナビに至ってもここ10年くらいで普及したものでそれまでは公道を走るもの全員があーでもないこーでもないと紙地図とにらめっこしていたのである.ましてや新幹線、飛行機や高速道路が全国的に広まったのも僕らの母親の代ぐらいで別にさすらいたくない人が強制的にさすらわさせれてたと思えば気の毒な話である.さすらいたい人間だけが死ぬほど道に迷える幸せな時代になったのだと思う.